学会のご案内

学会紹介

学会概要

日本不動産学会は、昭和58年に建設省建設経済局の協力のもとに設置された「不動産関係教育問題検討委員会」の提言を機に昭和59年(1984年)11月、産・官・学の各界から設立発起人296名の構成員をもって任意の学術団体として設立されました。

1.不動産の利用や配置をめぐる諸現象を解明する学際的な研究及び教育の促進
2.不動産に関する研究が総合的な視野に立って体系的に固有の学問として確立することが重要
3.不動産を対象とする学問は、人文、科学、社会科学、自然科学の広範な領域に及ぶことから、その研究は理論・実務の両面から総合的に研究すること

が設立趣意書の大きな柱とされています。

学会は、この趣旨にしたがって、学術講演会、シンポジウムの開催、機関誌の刊行、学会賞・業績賞の表彰による研究の奨励、不動産に関する研究調査等を実施してきました。

平成2年(1990年)に日本学術会議の認定登録団体として公認され、第16期から連続4期登録学術団体として、3名の日本学術会議会員を選出しており、所属している第三部経済政策研究連絡委員会において研究活動を行っています。

平成12年(2000年)11月1日、これまでの総合科学としての不動産学の理論的、実証的研究成果を基礎に、学会として社会的責任を果たしてきたこと等が評価され、文部科学省認可の社団法人日本不動産学会として発足いたしました。

平成25年(2013年)2月24日に「公益社団法人」としての認定を受け、平成25年(2013年)4月1日、公益社団法人日本不動産学会に移行いたしました。

活動概要

日本不動産学会は、不動産に関する総合的かつ学際的な研究・教育の促進を図り、その成果を社会に提供する事業を行うことをもって、学術の振興と国民生活の向上に寄与することを目的とし、下記の事業を行っています。

1. 研究会及び講演会の開催
2. 学会誌その他刊行物の発行
3. 研究及び調査の実施
4. 研究の奨励及び研究業績の表彰
5. 不動産に関する国際的な知識及び経験の交流
6. 関連学会との連絡及び協力
7. その他本会の目的を達成するための必要な事業


役員一覧

2018年度・2019年度役員一覧

     
会長 原科幸彦(千葉商科大学学長・東京工業大学名誉教授)
副会長 氷鉋揚四郎(筑波大学名誉教授)
副会長 中井検裕(東京工業大学環境・社会理工学院長)
常務理事 浅見泰司(東京大学大学院工学系研究科教授)
常務理事 久米良昭(株式会社空間デザイン研究所代表取締役社長)
常務理事 田中純一(一般社団法人ビル減災研究所代表理事・所長)
常務理事 中城康彦(明海大学不動産学部長)
常務理事 福井秀夫(政策研究大学院大学教授)
理事 安藤至大(日本大学経済学部教授)
理事 井出多加子(成蹊大学経済学部経済学科教授)
理事 大佛俊泰(東京工業大学環境・社会理工学院建築学系教授)
理事 斎藤参郎(福岡大学経済学部教授・福岡大学都市空間情報行動研究所長)
理事 齊藤広子(横浜市立大学国際総合科学部教授)
理事 谷口 守(筑波大学システム情報系社会工学域教授)
理事 中川雅之(日本大学経済学部教授)
理事 原田保夫(一般財団法人民間都市開発推進機構理事長)
理事 松尾 弘(慶應義塾大学大学院法務研究科教授・グローバル法研究所長)
理事 三井康壽(政策研究大学院大学客員教授)
理事 室田昌子(東京都市大学環境学部教授)
理事 吉田修平(弁護士 吉田修平法律事務所)
監事 関 葉子(弁護士 銀座プライム法律事務所)
監事 矢部智仁(ハイアス・アンド・カンパニー株式会社・ハイアス総研主任研究員)