論文賞・論説賞・著作賞・湯浅賞(研究奨励賞)

2018年度受賞一覧

賞名 受賞者 受賞名
論文賞 花里俊廣 不動産データの判別分析に基づくマンション建替え可能性の推測
小松広明 賃貸用共同住宅の経年減価に対する居住者の意識構造に関する研究
小谷将之
浅田義久
工業等制限法による工場新増設規制が住宅価格に与える効果 〜回帰不連続デザインによる実証分析〜
論説賞 松尾 弘 敷金問題
清水千弘 ビッグデータで見る不動産価格の決まり方
山崎福寿 望ましい固定資産税改革
福井秀夫 短期賃貸借保護・最低売却価額廃止の法と経済学的分析と競売法制の課題
著作賞
(実務部門)
谷口 守 『生き物から学ぶまちづくり 〜バイオミメティクスによる都市の生活習慣病対策〜 』
阿部雪子 『資産の交換・買換えの課税理論』
湯浅賞
(修士論文部門)
岡田朋和 京町家がもたらす外部経済と外部不経済の検証
岸下優樹 土砂災害リスクに関する情報の非対称性の軽減に向けて−土砂災害防止法に基づく区域指定が土地取引及び居住者に与える効果
湯浅賞
(博士論文部門)
鈴木雅智 Shrinking Housing Market and Long-Term Vacancy: A Synthesis (住宅市場の縮小に伴う長期放置空き家の出現)